Oruga hair design
7-31-1 hachiman-cho , kariya-city , Aichi  TEL 0566-25-1055
ABOUTMENUSTAFFBLOG

No.130  「シャンプー&トリートメント」の予約販売が始まります


キャンペーンのご案内です。
オルガヘアーで使っている
「コタ アイケア シャンプー&トリートメント」を
予約販売で20%off にて販売させて頂きます。

「第一次予約期間」
2018年11月2日(金) ~ 11月30日(金)まで
「引き渡し日」
2018年12月7日(金)~

「第二次予約期間」
2018年12月1日(土) ~ 12月30日(日)まで
「引き渡し日」
2019年1月11日(金)~

「対象製品」

シャンプー800mlポンプ
5940円 → 4750円(税込)
シャンプー750ml詰め替え
5400円 → 4320円(税込)

トリートメント800gポンプ
7560円 → 6045円(税込)
トリートメント750g詰め替え
7020円 → 5615円(税込)

お電話でもご予約を受け付けております。
毎年、11~12月と5~6月の2回行っていますので
長くお使い頂けるなら、半年分を計算して
注文されると良いかと思います。
良いものをお値打ちで買えるのが
一番嬉しいですよね!
ご予約お待ちしております。






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com
スポンサーサイト



No.129  赤味を薄めた「シルキーブラウン」


「シルキーブラウン」
キレイに染まりましたね!

まず、ビフォーの状態↓↓↓

前回カラーの「赤色」がたっぷりと
残っていますね、、、
そして髪の根元から15cmほどはダークブラウン
ですが、
毛先10cmは1年前に明るく染めていた時の
なごりで、薄く抜けたオレンジに。

このままレッド系やオレンジ系で染めるのは
とても簡単なのですが、
今回のオーダーは、
①なるべく赤味を抑えたい
②明るくなってしまっている毛先の明度を
落として、キレイに一色にしたい

「赤味を抑える」= マット系やアッシュ系

これは基本ですが、赤味が強すぎる場合、
マット系やアッシュ系などの補色を使うと
濁って、くすみ過ぎてしまいます。

という事で、今回はもう一つの赤味を抑える
方法である、
「ゴールド系で薄める」
で行きたいと思います。


↑↑↑白髪が少しあるので、根元から2cmは
ブラウンが混ざっているゴールドで。


↑↑↑中間部分は明度は変えずに
赤味を薄めるゴールド。


↑↑↑毛先の抜けてしまっている所には
ベースになるダークブラウンと、

↑↑↑オレンジ色を薄める
濃いめのゴールド。

その結果、

↑↑↑こんなに赤くて不均一だったカラーが、

↑↑↑赤味が抑えられ、キレイな一色に!

楽しっ!

そして、1ヶ月ほど前にかけた
「エアウェーブ」も毛先にしっかりと
残っており、いい感じですね!






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.128  「雑誌の付録」欲しい方いませんか?


刈谷市にある姉妹店のサニーヘアーでは
雑誌の付録が大量にあふれています。
なくとなく捨てれず、、、

大きな入れ物に詰めれるだけ詰めて
待合いのテーブルの上に置いておきましたので、
欲しい物があったら、ご自由にお持ち帰り
下さいね。
リンネル、オトナミューズなどの付録です。

ちなみにオルガヘアーでは付録つきの雑誌を
あまり買わないので、ほとんどありません。
残念です、、、






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.127  地肌と髪にやさしい「ハーブカラー」のご紹介


オルガヘアーでは「ハーブカラー」を
扱っています。
細かな説明をする前に、まず施術工程や
ビフォーアフターを紹介します。


黒髪と白髪の割合が 7 : 3 くらいのお客様。
そして袋からハーブカラーを取り出します。
最初は真っ白な粉末ですが
↓↓↓

お湯を入れて混ぜると徐々に茶色くなり、
やわらかい泥のようなペーストに変わります。
↓↓↓

根元からたっぷりと塗布して、15分放置すれば
↓↓↓

キレイなブラウンに染まりました。
↓↓↓

通常のヘアカラーよりも、むしろ早い時間で
染める事が出来ます。

それでは、
髪と頭皮に対してダメージレスな
ハーブカラーの良いところを、4つ紹介
させて頂きます。

①アルカリ剤が入っていない
アルカリ剤とは、髪の毛を膨らませたり
キューティクルを開かせる為のものです。
通常のヘアカラーでは髪の中に染料を
入れるので、キューティクルを開いたり
髪を膨らませる必要があるのですが、
髪にはとても負担がかかり、ダメージの原因に
なります。
それに対し、ハーブカラーは髪の表面に
くっつくことで染まります。
シンプルにくっつくだけなので、アルカリ剤は
いりません。

②過酸化水素を使わない
過酸化水素とは、髪を脱色したり
ヘアカラーの色素を発色させる為のものです。
健康な髪の毛がもともと持っている
色素を壊してしまうので、髪は強度を失い
弱ってしまいます。
それに対してハーブカラーは
過酸化水素の代わりに「お湯」を使います。
ただのお湯ですのでダメージはゼロです。

③髪にハリコシが出る
染料が髪にくっつくことで染まるので
そのおかげで髪の強度が増し
ハリコシが出ます。

④色持ちが良い
髪表面にくっつく力がとても強いので
通常カラーよりも染料が落ちにくいです。

そして色の種類は、
ライトブラウン、ブラウン、ブラック
3種類があり、それぞれを違った割合で
混ぜることで様々な明るさを作ることが
出来ます。

髪と頭皮にやさしくて、
ハリとコシが出て、
はやく染まる。
そして、色持ちも良い。

良いことづくしですが、
注意点もあります。

①脱色作用がないので黒髪を明るくする事は
出来ません。あくまでも白髪染め専用です。
②100%天然の色素ではないので
ジアミンアレルギーのある方は
ご使用出来ません。
③染めた後、2,3日は色落ちしますので、
シャンプー後に使うタオルや、枕カバー、
汗などに注意が必要です。
④深みや濁りのある仕上がりですので
白髪染めには最適ですが、
軽やかな質感を求めている方には
向いていません。



「ハーブカラー」と「100%天然染料」の違い
ヘナやインディゴなどの100%天然染料は
染まる迄に時間がかかるうえに
とても高料金。
なぜかというと、
ヘナはオレンジ色、インディゴはブルーと
決まっており、それぞれの染料の性質が
違うため、混ぜて色を調節することが
出来ません。
その為、希望の色に染めるには
2回、3回と続けて染めなければいけないのです。
(決して否定しているわけではありません)

オルガヘアーでは、お手軽なハーブカラーを
お勧めするようになって、
お客様が100%天然染料を選択することが
無くなりました。
それだけ結果が良かったのだと思います。



通常のヘアカラーにするのか、
ハーブカラーにするのかを選ぶのは
お客様には判断が難しいかと思います。
ご来店されてから判断して、お勧めさせて
頂きますので、
ご興味のある方はお気軽にお尋ね下さいね!

料金は通常カラーに + 500円です。






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.126  臨海公園の「噴水ショー」


碧南市には臨海公園や明石公園などの
大きな公園があっていいですね。
仕事終わりにたまに臨海公園で
ランニングをするのですが、
決まった時間になると
「噴水ショー」が始まりますよね。
大音量の音楽と噴水と色とりどりの
光が合わさってとても良い感じ。
どんなレパートリーがあるのかなぁと
思い、時間や曲を調べてみました。
↓↓↓



思いのほか沢山あってびっくり!
僕がよく行く時間は「栄光の架橋」
がかかっていることが多いです。
「ジュピター」や「情熱大陸」のかいは
まだ見たことがないので、
是非見てみたいですね!






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.125  「マクロビ」は日本が発祥?


「マクロビ」=「マクロビオティック」

なんとなく健康志向の言葉で
欧米のセレブがこぞって、、、
みたいなイメージを持っていましたが、
調べてみると、なんとっ!
日本の玄米菜食をベースにした食事療法
の事でした。
ベジタリアンと異なるのは、
2つの東洋的な考え方を大切に
しているということ。


「マクロビの二大原則」
①身土不二
人間も植物も生まれた環境と一体という
意味です。亜熱帯で取れるフルーツには
体内の熱を下げる働き、寒い地域で取れる
野菜には体内を温める働きがあり、
四季のある日本では、季節ごとの旬の食材を
とることで、からだのバランスがとれるという
考え方。
②一物全体
ひとつのものを丸ごと食べるという意味です。
食材そのものは丸ごとでバランスがとれており
穀物なら精白していない玄米、野菜なら
葉や皮にも栄養があり、全てをとることで
からだのバランスがとれるという考え方。

なるほどっ!
調べてるだけなのになぜか
健康的になってきた気がする、、、

そしてもうひとつ大切なことが。
食べ物全てを、
「陰性」「陽性」「中庸」
に分けて捉えるということ。

「陰性の食材」
上に向かって生える野菜で、
水分を多く含み身体を冷やします。
(キュウリ、ナス、トマトなど)
「陽性の食材」
地中に向かって生える野菜で
水分が少なく、身体を温めます。
(ニンジン、カボチャ、ゴボウなど)

そしてマクロビでは、陰陽どちらにも
傾き過ぎない方が良いとされているので、
バランスよくとることが大切です。



栄養学ではカロリーをベースに
糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、
ミネラルなどを考えてバランスをとるので、
マクロビとはまったく異なりますね。
全てをキチンと実践することは
僕には出来そうではありませんが、
栄養学以外にもこんな考え方があると
わかっただけでも良かったです。






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.124  サニーヘアでは着付けもやっています。


刈谷市にある姉妹店のサニーヘアでは
着付けもさせて頂いています。
今は七五三シーズンですね。
お子様の着付けは写真館などでされたほうが
貸衣装も沢山あるので、
サニーでは行なっておりませんが、
一緒に行かれるママの着付けのご予約を
承っています。

お店の奥にあるファミリールームで
着付けをさせて頂きます。
個室ですので安心して任せて頂けます。

七五三以外にも、
振袖、留袖、訪問着、袴、浴衣などの
着付けをさせて頂きますので、
何か行事のある際には是非ご利用下さい。

着付けと一緒にヘアセットをしたり、
営業時間前にやってほしいなどの
ご希望がございましたら、お気軽に
お電話下さいね。

サニーヘアサロン
TEL:0566-25-1055 
http://sunny-hair-salon.com






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.123  ほんのり秋を感じる「ベージュグレー」


「ベージュグレー」
キレイに染まりました!

今回のご要望は、
「少し秋っぽく」
「でもあまり明度は落としたくない」
「グレーっぽさが欲しい」
です。

そしてビフォーはコチラ↓↓↓

少しオレンジ色が残っている髪を
グレーっぽくするのは、1度のカラーでは
難しいので、次回はブリーチをしてもらう
事にして、とりあえず今回は1度のカラーで
出来る範囲でいきます。

暗くなり過ぎず、でもなるべく濃いめのグレー
↓↓↓


そして、オレンジ色を馴染ませるために
ほんの少しだけブルーを足します。
↓↓↓




ではいきますね。
ビフォー







オレンジ色が消えて、グレーが入り
「ベージュグレー」の完成です。






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.122  意外に多い「輪ゴム」の種類


パーマをかける時にロッドに髪の毛を
巻きつけた後、外れないように
輪ゴムをします。
オルガヘアーでは、パーマの種類に合わせて
ロッドが5種類もあるので、
それによって輪ゴムも変わってきます。
その輪ゴムがなんと4種類もあるんです。
.
「たかが輪ゴム、されど輪ゴム」
ロッドの大きさや、髪の毛の巻き付け方
によってクロスしてかけて見たり、
太いゴムにしてみたりと
結構色々と方法があるんです。





何気ないことですが、
より効率よく良い結果を出すためには
とっても大切なことです!
日々の仕事を当たり前のように
こなして行くのではなく、
常に疑問や問題意識を持って
より良くしていきたいと思っています。






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com

No.121  ようやく出来た歓迎会


8月から刈谷の姉妹店で働いてくれている
スタッフの歓迎会がようやく出来ました!
もうかれこれ2ヶ月半もたってしまいました。
.
お客様に「あそこは美味しいよ!」
と、教えて頂いた刈谷の駅前にある
「こなす」という割烹料理店に
行ってきました。

↓↓↓伊勢海老のお造り

↓↓↓白子

↓↓↓牛肉の蒸しゃぶ



出て来るもの全部美味しかったです!
たくさん食べてこれからも頑張ってね~



そして11月にも1人面接の予定が入りました。
世間はどこも人手不足の中、
本当にありがたいです!
入社が決まれば、また歓迎会で
美味しいものが食べられるので
楽しみです!






碧南市 美容室
オルガヘアー
http://oruga-hair.com
プロフィール

オルガヘアー

Author:オルガヘアー
【ヘアデザインの可能性を探究する美容室】
【丁寧な施術で上品なヘアスタイルを提案】
【美容と健康】

entry
monthly
category
お知らせ (38)
パーマのこと (26)
カラーのこと (18)
ケアのこと (29)
お客様によく聞かれること (9)
ほかのこと (31)
ビフォーアフター (42)
商品のこと (20)
美容と健康のこと (17)
碧南のこと (18)
お店の風景 (29)
姉妹店サニーヘアーのこと (15)
箸休めブログ (33)
link
このブログをリンクに追加する
プロフィール

オルガヘアー

Author:オルガヘアー
【ヘアデザインの可能性を探究する美容室】
【丁寧な施術で上品なヘアスタイルを提案】
【美容と健康】